2004年12月30日

The Magic of Dialogue

"Every man is a potential adversary, even those whom we love. Only through dialogue are we saved from this enmity toward one another. Dialogue is to love what blood is to the body. When the flow of blood stops, the body dies. When dialogue stops, love dies and resentment is born. But dialogue can restore a dead relationship. Indeed this is the miracle of dialogue - it can bring a relationship into being, and it can restore again a relationship that has died. There is only one qualification to these claims for dialogue. It must be mutual and perceived from both sides, and the parties must pursue it relentlessly."

-Reuel L. Howe, The Miracle of Dialogue, 1963.

Bohm
"I would say that in my scientific and philosophical work, my main concern has been with understanding the nature of reality in general and of consciousness in particular as a coherent whole, which is never static or complete but which is an unending process of movement and unfoldment...."
 -David Bohm: Wholeness and the Implicate Order


"Suppose we were able to share meanings freely without a compulsive urge to impose our view or to conform to those of others and without distortion and self-deception. Would this not constitute a real revolution in culture?
 -David bohm, Changing Consciousness, 1992


Dialogue A Proposal, By David Bohm, Donald Factor and Peter Garrett, 1991
On Creativity by David Bohm, Lee Nichol (Editor), 1998.

On DialogueOn Dialogue
, 1996, David Bohm and Lee Nichol (Editor). The question of how to communicate better is at the heart of On Dialogue, the most comprehensive documentation to date of the late David Bohm's dialogical world view.

Wholeness and the Implicate Order by David Bohm, reissuse 1996.
Thought As a System by David Bohm, 1994.
Unfolding Meaning: A Weekend of Dialogue With David Bohm, 1996.


dialogue
Dialogue : Rediscover the Transforming Power of Conversation

by Linda Ellinor, Glenna Gerard, 1998

The practice of Dialogue, though as old as mankind itself, is revolutionizing today's business world. Dialogue is a way of conversing and thinking together that dissolves barriers and creates organizational cultures energized by collaboration and partnership.
Peter Senge has called Dialogue an important tool for promoting team learning and fostering shared meaning and community within an organization. Now Dialogue: Rediscover the Transforming Power of Conversation shows leaders how talking about what matters can pave the way to new heights of creativity and productivity.

Linda Ellinor and Glenna Gerard, cofounders of their consulting firm, The Dialogue Group, draw upon their combined 50 years of experience in organizations to show how Dialogue can change the way we work by widening information arteries so that employees at every level begin to think along "leadership" lines and take responsibility for how their actions affect the whole organization. Diversity becomes a high-leverage resource; conflict becomes a creative opportunity. Leading companies including Levi Strauss, Shell, Hewlett-Packard, Motorola, and AT&T are unleashing the wellspring of power that flows naturally from the trust, mutual respect, and spirit of inquiry that are at Dialogue's core.

In an organizational world fragmented by competition, takeovers, downsizing, and reengineering, the inspiration and meaning that energize us and make work satisfying are often hard to come by. Linda Ellinor and Glenna Gerard offer clear strategies and guides for rekindling our spirits and renewing our ability to work creatively with the key dilemmas we face every day. They engage us in practical reflections and exercises to help bring the value of Dialogue into all our conversations.

The strategies they describe for integrating dialogic principles into any group can help leaders at every level:

-Create and sustain collaborative partnerships that foster shared responsibility and accountability
-Develop skills to build the trust needed to surface "undiscussable" issues that block creativity and learning and diminish effectiveness
-Open doors to new and creative ways of thinking and problem solving
-Get at the roots of recurring problems
-Reawaken the meaning, satisfaction, and inspiration in work

Dialogue will provoke your thinking about:
-What is involved in "being the change you wish to see" in organizations, and how can Dialogue help?
-What is the price/reward of having conversations that get to the root of things?
-How do we ask important questions so as to see the larger picture before crafting our responses?
-How can dialogue foster self-organization and systems thinking?
-Dialogue shows how to tap into the collective wisdom essential to high functioning work environments.

The Dialogue Group.

The Magic of Dialogue: Transforming Conflict into Cooperation by Daniel Yankelovich

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

対話とは何かー効果的コミュニケーションのために

 日本経営品質賞やマルコム・ボルドリッジ国家基準では「対話 DIALOGUE」の大切さを説いている。対話の中から「気づき」を得て、全体最適になる改善に取り組むのだという。それは広義のコミュニケーション手段のひとつであるが、口先や言葉だけで行うものではなく、当事者たちの「全人格的」な相互関係の問題である。

 Interpersonal Communication Skillは、アメリカの学校および社会人教育の基本である。Adult SchoolのカリキュラムにはDialogueとDiscussionとDebate、そしてPresentationやBody Languageといったクラスがある。ビジネス英語のSpeakingとWritingと同様にプロのSecretaryの基本でもあり、昔、私も一緒に受講した。もちろん学校教育の現場でも基本であり、Basic Communicationというのが日本で言う「国語」教育である。英単語をそのまま書いたが、日本語にすると誤解が生じると考えるので、英単語をそのまま書いている。たとえば、Dialogue(対話)とDiscussion(議論)の違いを認識し、共通理解がなされているだろうかと危惧する。さらにいえばDebate(討論?)、Argument(議論?)などをふくめて違いを理解した上でコミュニケーションを図っているのだろうか?

 日本ではこの種の対話の教育はほとんどなされてこなかったのではないか。発表能力とか説得のための技法・技能に走ってはいないだろうか。職場での活発な対話(Dialogue)から真の理解につながるコミュニケーションが効果的になされているだろうかと今一度、謙虚に問い直してみることが大切である。

 コミュニケーションを効果的に行うためには、以下に述べる5つの要素、(1)自己概念、(2)傾聴、(3)明確な表現、(4)感情の取り扱い、(5)自己開示が大切である。これは、JQAセルフアセッサ認定研修において、自分の対人コミュニケーションの特徴を把握するために使用された5つの要素である。これに関してコメントする。各要素の「」の説明は、コミュニケーションに大切なこととして一般に言われていることを引用した。アメリカで一般によく言われることを英語で併記した。

(1)しっかりとした自己概念をもっていること Identity- Need to know who you really are and how you think and feel

 「自分は何者であるかを認識していること。どこに属し、何ができて、何ができないのか、何に価値をおき、何を信じているのかを明確に認識していることが大切である。このことは、我々が見たり聞いたり、判断し理解するプロセスと行動に大きく影響を与えている。同時に、他人とのコミュニケーション(対話 Dialogue)にも大きな影響を与えている。互いに理解しあえる健康な対話をして、互いに満足できる人間関係をもつためには、確固としたアイデンティティ(自己概念)をもっていることが重要である。とくに異民族・異文化の間でのコミュニケーションには必要不可欠である。」

 日本人はこの認識が弱いのではないか。欧米だけでなく中東や中国、韓国の人たちには、強烈なアイデンティティがある。それでないと弱肉強食の世の中で生きていけないという危機意識がある。このアイデンティティが犯されるようになって最後に残るのが「尊厳 DIGNITY」である。「泣き寝入り」の精神風土は微塵もない。このことは別の機会に例示したい。

(2)よい聴き手であること Active Listening(Receiving-allowing the other person to express who they really are.)

 「"聴く"( LISTEN) ことは、自然に耳に入ってくることを単に"聞く" (HEAR)ことよりも込み入ったものである。相手の言っている意味を探り、理解するためには、知的にも感情的にも身体的にもエネルギーを集中してはじめてできるものである。こちらからコトバを投げかけ反応をうかがうとともに、相手の言葉の背後にあるもの、言葉と言葉の間にある沈黙の中にあるもの、相手の身振り手振り、顔の表情や目の中にあるもの(Body Language)、感情を聴くことが大切である。」

 日本ではこうした点の教育訓練の機会が少ないのではないだろうか。以心伝心や阿吽の呼吸に代表される精神風土が邪魔をしているように思う。わたしもその一人だが、海外で仕事をするときは「傾聴」することに神経とエネルギーを集中させないと相手の言っていることが理解できないから、意識的にそういった対話が基本となってくる。ところが日本ではどうもしゃべりすぎるようになるのはどういうことなのかと反省する。

(3)明確な表現 Ability to Express their own ideas, opinions, values and experiences

 「聴くことが大切といっても、それだけでは対話は成立しない。自分が伝えたいことや考えたり感じていることを明確に表現することが必要である。自分の言いたいことをはっきりと全部言わなくても、相手はわかってくれているものだと思い込むことがある。「以心伝心」は妄想と知るべきでしょう。効果的に伝えるためには、深く多角的に考え、自分の言いたいことを心の中ではっきりとイメージして、同時にそれを明確な言葉で表現する工夫をすることが大切である。そして、相手から返ってくる反応をとらえて、自分の言ったことがどのように伝わっているかをチェックしていくことが必要である。」

 日本では、堂々と自説をはっきりと展開する人は嫌われる傾向にあったり、物言えば唇寒しといった風潮があることも、明確に表現することをはばかる要因になっているのではないか。同属仲間の「まぁまぁ」主義を克服することが必要となる。そして、「感情」を個人的にとらないことであろう。

(4)感情の取り扱い Accurate Receiving by Dealing with Emotion(EQ)

 「とくに怒りの感情をどう取り扱うかはコミュニケーションを深めるための要となる。自分の怒りの感情を抑え込んでしまう人が多い。怒りを表面に出すと、相手も同じように怒るだろうと恐れるからである。そういう人は、感情的なやり取りはマイナスで決裂の結果を招くと考える傾向があり、他の人が自分に反対するということだけで不快感を持つ。怒りが溜まると、なんでもないことをきっかけにしてある日突然それが爆発する。相手はなんだか理由が分からないので不当と受け取り、互いに敵意を感じあって破滅に向かうことになる。そうなる前に、感情を隠さずに述べ、その感情の性格を把握して自分の意思との相違を明確に認識することが大切である。」

 ビジネス折衝などで、自分に明らかに不利なことを突きつけられ「不当な要求」だと思い、内心腹が立っても明確な表現ができず、それを卑屈な笑いでごまかすといったことがないだろうか。そんな場面に何度か仲介者として立ちあい、私は我慢がならず相手に怒りをぶつけて、なぜ怒っているかを説明したことがある。交渉は決裂かと思いきや、相手がWASP系だったりするとあっさりと折れて交渉がスムーズに行ったという経験がある。かれらは決して個人的に根に持ったりしない。あくまでもビジネスであり、あとは雨降って地固まるがごとくに邯鄲相照らす仲になったということもある。もっとも相手を間違うと逆効果ということもある。イギリスや韓国では、また違う感情の処理をしないといけない。

(5)自己開示  Being Open is the Key- have the courage to reveal ourselves to others

 「自分に関するあらゆること、生い立ち、経験、気持ち、考え、意見、性質、仕事への姿勢、価値観などを衒うことなく話せる能力は、とくに異文化間でのコミュニケーションにとって大切なことである。相手に自分を打ち明けることによって、相手に自分という人間を知ってもらう。そのことにより相手もまた自分を開くことになり互いを知ることになる。それが信頼関係を築く第一歩となる。自己開示ができるのは、健康な人格を持っている印である。自分が本当に自分であるということに確信がもてるときに、自分の考えや気持ちを十分に相手に表すことができる。自己の確立という言い方もできるが、その時に自分の成功や喜びだけでなく失敗や恥も他人と分かち合える。逆に言えば、自己を開示することによって自己が確立していく。」

 この自己開示は、言うは易し行うは難しの見本でもある。他人に対する恐怖心や不信が妨げとなる。自分を開示しないということは他人も受け入れないということになり、不信が生まれかねない。自由で善意に溢れた雰囲気が大切になる。「自由闊達」に意見が言い合える職場というのは、容易に実現できるものでもないのが現実だが、そこに到達することをあきらめてはならない。

Suggested Readings about Dialogue

Bohm, David and Edwards, Mark. Changing Consciousness, Exploring the Hidden Source of the Social, Political and Environmental Crises Facing our World. Pegasus, New York, NY. 1992.

Bohm, David. On Dialogue. David Bohm Seminars. Ojai, CA.

Bohm, David. Unfolding Meaning. A weekend of Dialogue with David Bohm. Ark Paperbacks, 1985.

Cook, Scott D.N. and Yanow, Davora. Culture and Organizational Learning. The Journal of Management Inquiry, Vol. 2 No. 4, December 1993.

Freidman, Maurice. Dialogue and the Human Image. Beyond Humanistic Psychology. Sage Publications, Newbury Park, CA 1992.

Jawaorski, Joseph. Synchronicity. Berrett-Kohler, San Francisco, CA, 1997.

Johnston, Charles M., M.D. Necessary Wisdom, Meeting the Challenge of a New Cultural Maturity. ICD Press. Seattle, WA. 1991.

Senge, Peter M. The Fifth Discipline: The Art and Practice of the Learning Organization. Doubleday/Currency, New York. 1990.

Wheatley, Margaret J. Leadership and the New Science. Berrett-Koehler, 1992.

Wheatley, Margaret J. a simpler way. Berrett-Koehler, 1997.

Isaacs, William. Dialogue and the Art of Thinking Together. Doubleday, NY, 1999.

Yankelovich's, Daniel. The Magic of Dialogue. Simon and Schuster, NY, 1999.

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月27日

フェアネス意識は文化に依存する draft

Fairness as a Constraint on Profit Seeking: Entitlements in the Market

AMERICAN ECONOMIC ASSOCIATION HOMEPAGE

Trust - Critical Studies in Economic Institutions, 3: 紀伊國屋書店BookWeb

矢部正秋「誠意」の通じない国―米国企業とのつきあい方

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

経営革新支援法の“経営革新計画”

CONSULGENT 経営コンサルタントの購買代理エージェント

~経営革新計画での付加価値額とは・・・?~

 ○営業利益+人件費+減価償却費=付加価値額

 ・営業利益は「利益」を出し、税金を払うように… 
 ・人件費は「人」を雇用するように…(雇用促進になるように)
 ・減価償却費は「設備投資」を活性化するように…(景気向上へ)

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

静思の時

 何事も合理的でスピーディなものが尊ばれる昨今、それがスピーディであればあるほど、一方で静思の時というか、ゆったりしたものがほしくなる、これが人情というか、人間の本能的とも言える一つの姿でしよう。だから、これを押さえることは人間の身体や生活を、とんでもなくゆがんだものにしかねないと思います。

 ですから、夜やすむ前、床の上に坐って静かに一日を反省する。やり方はどうあれ、そういう時を持って、一日のケジメをきちんとつけてこそはじめて、そこに安らぎが生まれ、明日ヘの新たな意欲が湧いてくるのではないか。世の中が騒々しくなるほど、そういう静思の時が必要になると思うのです。

……松下幸之助

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月26日

38億年前の生命の痕跡

国土の80%以上が氷に覆われているグリーンランドのイスア地方……イスアとは、「大地が果てて氷に変わる場所」という意味である。地球の中で最も古い岩石地帯として知られている。ここにある、38億年前というきわめて古い岩石から、太古の生命の痕跡が見つかった。発見者は、デンマーク地質博物館のミニック・ロージング博士である。

畳半分ほどの小さな岩…これこそが現在見つかっている最も古い生命の痕跡である。幅30cmほどの黒い部分…ここに世界の研究者たちの熱い視線が注がれている。しかし、どんなに目を凝らしても生物の化石が見えるわけではない。



その生命は顕微鏡サイズであった。倍率を上げると黒い粒が無数に見えてくる。これは炭素の粒で、分析の結果38億年前の生物の体を作っていた材料らしいと分かった。体長は1ミリの百分の一以下、現在のバクテリアに似た微生物だったとロージング博士は推定している。


38億年前、そこは水深数百メートルの静かな海の底だったと考えられている。水中を漂うようにしてその生物は暮らしていた。海中の炭素を含む栄養分を取り込み体を作っていたと考えられている。


投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

Past Global Changes

PAGES - Past Global Changes

PAGES (Past Global Changes) supports research aimed at understanding the Earth’s past environment in order to make predictions for the future. We encourage international and interdisciplinary collaborations and seek to involve scientists from developing countries in the worldwide paleo-community. PAGES' scope of interest includes the physical climate system, biogeochemical cycles, ecosystem processes, biodiversity, and human dimensions, on different time scales—Pleistocene, Holocene, last millennium and the recent past.

PAGES, founded in 1991, is a core project of the International Geosphere-Biosphere Programme (IGBP) and is funded by the U.S. and Swiss National Science Foundations, and the National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA). It is overseen by a Scientific Steering Committee comprised of members chosen to represent the major techniques and disciplines, while at the same time providing regional geographic representation.

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

スーパープルームが地球を変える

スーパープルームが地球を変える -地球変動原理の解明に向けて-
平成7年度より科学技術振興調整費総合研究において地球変動原理の解明を目的として「全地球ダイナミクス:中心核に至る地球システムの変動原理の解明に関する国際共同研究」を実施してきました。本研究では、地震観測及びその解析、地質調査及び岩石学的研究、シミュレーションを行い、億年単位で地球が変動する原理をマントル全体及びその下の核まで考慮して総合的に解明してきました。

「プルームテクトニクス理論」は本研究の代表者である東工大理学部丸山茂徳教授が平成6年に提唱した理論で、「プレートテクトニクス理論」では説明ができなかったプレート運動など地球表層で起こる地学現象の原動力を説明するものです。本研究の成果により、初めて、「プルームテクトニクス理論」が検証・確立されました。平成11年度から教科書に本理論が掲載されるなど、一般的にも広く認知されつつあります。
文部科学省 -第217号- 平成13年3月26日

古環境(用語解説)

高等学校理科総合>地球内部の変動

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

竹取物語のふるさと

かぐや姫情報

「口頭伝承のかぐや姫
竹取物語と「壬申の乱」
竹取物語(国民文庫)
竹取物語への招待

投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月23日

ドラッカーが考える経営と事業

経営・事業の目的とはなにか?

「事業の唯一の目的は、利潤ではなく、「顧客価値創造・維持」にこそ求められ、
 そのための事業の機能は、マーケティングとイノベーションである。」

経営の目的は、これに加えて

  • 社員の価値(満足)の創造
  • 社会からの信頼の創造

  • である。利益は経営目標以上、以下でもない。


    Drucker Archives : Homepage

    Management: Tasks, Responsibilities, Practices
    Management is an organized body of knowledge. "This book," in Peter Drucker's words, "tries to equip the manager with the understanding, the thinking, the knowledge and the skills for today's and also tomorrow's jobs." This management classic has been developed and tested during more than thirty years of teaching management in universities, in executive programs and seminars and through the author's close work with managers as a consultant for large and small businesses, government agencies, hospitals and schools. Drucker discusses the tools and techniques of successful management practice that have been proven effective, and he makes them meaningful and easily accessible.

    The Practice of Management
    What can I say about Peter Drucker that hasn't already been said.
    Written in 1954 it is as relevant to today's world (perhaps even more so) as it was back then. Fundamentally what strikes me about the Practice of Management is that it advocates a profoundly ethical view of management and the responsibilities of management.

    If you walk away with a just a few of the ideas he presents, you will be a better manager:

    1) Management by objectives
    2) The imporance of having the right "spirit" in an organisation.
    3) The need for managers to feel empowered and have all the authority they need to carry out their job.
    4) Appropriate rewards for strong performance and the need for censure when performance is weak.
    5) Creating an open culture where mistakes are expected and form a basis for future knowledge.

    As a final note, Peter Drucker foresaw one of the most remarkable changes in industry - a change that allowed the movement from vertically integrated industries to a distributed supply chain model - and that strong managers would be needed to deal with it.

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    ミンツバーグのリーダーシップ開発

    Henry Mintzbergが考えるリーダー育成

  • MBAが企業のトップをつくるのではない。
     リーダー、マネージャは教室では作れない。
  • 自分の仕事や経験をふりかえる(Reflection回顧、よく考える)
     ことから実践的マネジャは生まれる。
  • 実践、修羅場体験、個々人の経験(キャリア)、
    そして自己のふりかえりを重視したリーダー育成が必要である。

    リーダーシップ開発のポイント

  • 第一世代は「他人の経験・知識、理論を学ぶこと」
     自分のメンタルモデルの打破、他人の意見・行動を真摯に受け止める力。主にMBA学習や社内での集合研修。

  • 第二世代は「作り出された人工的な経験から学ぶこと」
     アクションラーニングやワークアウト研修の中で事業計画策定の実行・行動を迫られる実践型研修。意図的な場により、たいへんな経験は出来るが、もっとも重要な「なぜやるべきか」の視点を失いがちである。

  • 第三世代は「自分の自然な経験のふりかえりをすること」
     自分で学んだこと、自分が体験した修羅場(実践研修や実務でのたいへんな体験)などの経験を冷静に自己分析し、さらに自分自身に腑に落ちる形で自己認識する。これを同様のたいへんな経験をもつ他者と共有・共感することにより、自分自身に深い気づきを与えることが重要である。ある意味で自分自身に「踊場」(いったん立ち止まって自分を振り返る行動)をもち、行ってきたことの「意味」を考える。


    Managers Not MBAs: A Hard Look at the Soft Practice of Managing and Management Development by Henry Mintzberg

    Henry Mintzberg believes that both management and management education are deeply troubled, but that neither can be changed without changing the other.

    Mintzberg asserts that conventional MBA classrooms overemphasize the science of management while ignoring its art and denigrating its craft, leaving a distorted impression of its practice. We need to get back to a more engaging style of management, to build stronger organizations, not bloated share prices. This calls for another approach to management education, whereby practicing mangers learn from their own experience. We need to build the art and the craft back into management education, and into management itself.

    Mintzberg examines what is wrong with our current system. Conventional MBA programs are mostly for young people with little or no experience. These are the wrong people. Programs to train them emphasize analysis and technique. These are the wrong ways. They leave graduates with the false impression that they have been trained as managers, which has had a corrupting effect on the practice of management as well as on our organizations and societies. These are the wrong consequences.

    Mintzberg describes a very different approach to management education, which encourages practicing mangers to learn from their own experience. No one can create a manager in a classroom. But existing managers can significantly improve their practice in a thoughtful classroom that makes use of that experience.



    The International Masters Program in Practicing Management is designed to be the "Next Generation" Masters Program, combining management development with management education. It is a degree program that focuses directly on the development of managers in their own contexts - their jobs and their organizations. The IMPM is therefore deeper than conventional programs of management development and more applied than traditional degree programs. It was launched in March of 1996 to acclaim from participants and their companies alike, as well as from the international business press.

    The IMPM seeks to break the mold of the functional "silos" so common in management education - marketing, finance, organization behavior, and so on. Instead, the Program is structured around managerial "mindsets", one for each module. We open in Lancaster with Managing in general and the reflective mindset in particular. Then we move to McGill, where attention turns to Managing Organizations and the analytic mindset. Bangalore follows with Managing Context, the worldly mindset. In Japan and Korea, we take up Managing Relationships, the collaborative mindset. The Program closes at INSEAD with Managing Change, the action mindset.

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0)

    2004年12月20日

    お気に召すまま draft

    シェイクスピア

    この世界はすべてこれ一つの舞台、
    人間は男女を問わずすべてこれ役者にすぎぬ、
    それぞれ舞台に登場してはまた退場していく、
    そしてそのあいだに一人一人がさまざまな役を演じる。

    「お気に召すまま」第2幕第7場/ シェイクスピア 
    小田島雄志訳(以下同様)

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月19日

    エミリー・ブロンテ、二つの符号

    今日お昼の時間に「嵐が丘」にまつわる話を書いた。夕食後、ブロンテ姉妹の生い立ちが気になったのでBronte Sisters - Haworthを調べた。そして、二つの符号に気づいた。

    ひとつは、「嵐が丘」が出版されたのは、私が生まれた年からちょうど100年前であるという事実(あっ、私の歳がばれた(笑)…「性ホルモンで10才若返る」を心がけているから、七掛け人生で39歳だと自称しておく)。

    もうひとつ、なんと今日がエミリー・ブロンテの命日である。まったくの偶然である。しかし、エミリーが死後の世界からヒースクリフに語りかけたのと同じように、あたかも今日この日に私に筆をとらせたのではないかと不思議な因縁を感じる。

    Brontes Chronology  Biography - Emily Bronte

    emily2.jpgエミリー・ブロンテ(Emily Jane Bronte) 1818-1848

     ハワースの牧師館で読書好きの娘時代を送り、架空の国アングリアやゴンダルを舞台にした物語に想像の翼をひろげ、創作に向かう。18歳のときに教師となるが半年でやめる。1842年、姉のシャーロットとともにブリュッセルに半年間遊学。以後はハワースで暮らし、詩や散文の執筆に励む。1846年に妹のアンを含めた三姉妹で詩集『カラー、エリス、アクトン・ベルの詩集』を自費出版した。翌年『嵐ヶ丘』が出版されたが、評判はかんばしくなかった。そうした中で喘息を病み、明くる年の12月19日に30歳で死去。(「英米女性作家」 ミネルバ書房)

    No Coward Soul is Mine
    「私の魂は臆病な魂ではない、
     この世のあらしの中で震える魂ではない」

    サマセット・モームの言葉(「世界の十大小説」より)
    「『嵐が丘』は例外的な作品なのである。同時代の他の小説とは、いささかの関係も持っていない。出来映えはひじょうに悪い。だが、同時にひじょうにすぐれてもいる。醜く忌わしい。だが、同時に美しくもある。恐ろしい、読む人を苦しみ悩ませる、力強い、情熱にみちた書物である。」

    Wuthering Heightsの一節から
     'My love for Linton is like the foliage in the woods. Time will change it, I'm well aware, as winter changes the tree - my love for Heathcliff resembles the eternal rocks beneath - a source of little visible delight, but necessary. Nelly, I am Heathcliff - he's always, always in my mind - not as a pleasure, any more than I am always a pleasure to myself - but, as my own being - so, don't talk of our separation again - it is impracticable; and -'
     She paused, and hid her face in the folds of my gown ;

    ★この作品の著作権はなくなっている。読みたい人は、ここからダウンロードできます。

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    青春の一冊「嵐が丘」とBronte Country

    Visit Bronte Country, Haworth, Keighley, West Yorkshire, UK


    嵐が丘…それは青春の甘い香りであった。ヒースクリフとキャサリンの苦しく切ない愛の物語であり、あの世とこの世の境を彷徨い、断ち切れぬ想いを抱いてなお生きる男の暗い物語でもある…と記憶しているが、正直その物語の内容はよく覚えていない。ただ、青年期の若者の心の琴線に触れるものがあることは確かである。

    高校生の頃に読み、「物語の主人公で、同情心と敵愾心の両方を感じた主人公はこのヒースクリフが最初である…」と日記に書いたのを覚えている。そして、抒情豊かに描かれたヒースの丘を駆けるヒースクリフとキャサリンの姿がいまも瞼に焼き付いている。映画を見たことはない。30数年前に読んだ本がこれほど印象深く残るのは、やはりイギリスの古典文学を代表する作品に値するからであろう。そう思うのは私だけではないようで、イギリスを旅する機会にブロンテ姉妹の作品の舞台になった村を訪ねる日本人が多いそうである。


    「嵐が丘」を書いたエミリー・ブロンテ、「ジェーンエア」を書いた姉のシャーロット・ブロンテが暮らし、そして短い一生を終えた土地、ブロンテ・カウントリの歴史案内をみると、ヨークシャー州の観光名所で日本語の案内があるのはHaworth Village(ブロンテ姉妹が暮らした村)だけだそうである。

    この土地を訪れ、ヒースの丘を歩き、19世紀半ばに書かれた愛の物語に思いを馳せたいと思ってきたが、いまだにその願いはかなえられていない。ICQで知り合った人が新年にイギリス旅行をするというのを知り、またこの「嵐が丘」に気を引かれ、インターネットでその地理的位置と歴史や観光スポットを調べながら、ブログしているというわけである。

    ある晩、本棚を見てふと手にした「嵐が丘」…中央公論社出版の当時としては豪華な装丁の赤い表紙の本である。月一回配本の「世界の文学」シリーズの一冊で、この全集を購読したいがためにアルバイトに精出したのであった。一度読んだ「嵐が丘」をまた読み出したら止まらなくなり、最後まで読み返してしまった。春にはまだ早い寒い夜であった。窓の外を見ると雪が降っていた。少し仮眠して新雪を踏んで出かけた。三月三日、大学受験の日であった。大事な受験日の前夜であることを忘れさせるほどの感動と興奮を与える本である。


    1801. - I have just returned from a visit to my landlord - the
    solitary neighbour that I shall be troubled with. This is
    certainly a beautiful country! In all England, I do not believe
    that I could have fixed on a situation so completely removed from
    the stir of society. A perfect misanthropist's heaven: and Mr.
    Heathcliff and I are such a suitable pair to divide the desolation
    between us. A capital fellow! He little imagined how my heart
    warmed towards him when I beheld his black eyes withdraw so
    suspiciously under their brows, as I rode up, and when his fingers
    sheltered themselves, with a jealous resolution, still further in
    his waistcoat, as I announced my name.

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月13日

    性ホルモンで10才若返る

    発掘あるある大事典IIWEBSITEというテレビ番組をみた。今回のテーマは、老化を防ぎ実年齢よりも若く元気になるためには、性ホルモンを活性化させることだという。そのための秘訣4Kを紹介していた。


    • 興味…好きなことに熱中する。
    • 筋肉(男)…体を鍛え筋肉を使う。
      嗅覚(女)…アロマセラピーでリラックス。 三陰交を刺激する。
    • 恋をし、ときめくこと。 バーチャルでも良い。
    • 感動・感激する

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    長い眠りから覚めたICQ…

    ICQというインスタントメッセンジャを知っていますか?
    AOLメッセンジャのオリジナル版で、MSNやYahooも類似のサービスをしている。

    昨日、古い手帳を整理していたら、昔使っていたインターネットの各種サービスのIDメモがあった。そこにICQの会員番号を見つけた。たしか7年前に加入し、世界の人々と話し情報交換をした記憶がよみがえってきた。その後身辺があわただしくなり、5年ほど前にいつとはなく止めた。懐かしくなって、いまどうなっているかを調べたらそのサービスは健在であった。ソフトをダウンロードして早速かつての会員番号でログインしてみた。ログインできました!!!5年間の眠りから復活したのはちょっとした感動でした。ICQサーバーに私の会員情報が眠っていたのです。

    このICQはこんにちのP2Pの原型でもあり、驚異的なスピードで増殖したのを記憶している。ICQのサイトを調べて記憶をたどると、たとえば当時急成長していたAOLではその会員数が100万人に達するのに3年かかっているのに対して、ICQではわずか半年で100万人の会員数に達している。

     96年7月 イスラエルのYair Goldfingerたち若者4人がMirabilis設立
     96年11月 ICQ(I Seek You)サービス開始
     97年6月 登録ユーザ100万人、同時オンラインユーザ数10万人
     98年6月 AOLが買収

    ICQのダウンロード数は、2000年6月時点で1億件(CNET)に達し、2年後の2002年5月には2億件を記録している。一日に800万人がログインしており、同時オンラインユーザ数は世界243カ国、200万人であるという。またわたしの好奇心がうずき、ICQの世界に引きずり込まれる予感がする。

    なお、昨日のブログは、このICQ会員情報の中にあったworldsaway.comの現在を知りたくてクリックしたら例のfor saleを発見したというわけである。

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月12日

    Request Price for worldsaway.com

    Buy Domains
    この記事はいずれなくなりリンクが切れると思い、そのページの一部を下記に引用した。

    Request Price for worldsaway.com

    We will only respond to serious requests that are complete and accurate. Any submissions with false or unverifiable information will be deleted.
    The quoted price will be at least $688 and may be over $10,000. Due to high demand and decreasing availability, the prices of Premium Domains are rising weekly.

    You will receive a price quote within 3 business days by email or telephone. If you receive a quote via email, the subject will read: "Price Request For worldsaway.com". This is not an auction. The quoted price is a one-time fee only. You will be able to purchase this domain on the spot by credit card for the quoted price.

    Please only fill out this form if you intend on buying in the next 30 days.

    Thanks for choosing Buy Domains !

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    歴史が終わるとき WorldsAway.com for sale!

    10年前、私の先輩・同僚たちが新しい事業の開発に情熱を燃やしていた。Virtual Worldというアバタを使った夢のある仮想空間でのコミュニティサービス事業である。

    この核となったテクノロジーはルーカスフィルムのソフトウェア部門が1980年代末に開発した。当時私は駐在員として米国シリコンバレーを拠点に活動しており、日本側の要請を受けて同社とのライセンス契約折衝に随行した。サンフランシスコから101号線を北に2時間近く車で走ったところに「ルーカスバレー」がある。101号線から外れ山間の道をさらに30分ほど入ったところにルーカスのソフト開発拠点があった。

    時が流れて90年代前半。このテクノロジーを買い取り、初期の開発者たちを採用して、その当時の新しい技術とインフラを採用して新たな開発が始まった。そして事業化への挑戦が開始されたのである。同じ頃、私はコネチカット州スタンフォード(Xerox本社があるところで知られ、マンハッタンから北へ約1時間)にあった某社のリストラ担当社長としての職務に忙殺されており、Virtual Worldビジネスとは無関係であった。ただ、ルーカスバレー訪問時の印象が強いためか、なぜか気になるプロジェクトであった。そして、日本側のセクショナリズムと海外ビジネス環境に関する知識・経験の乏しさがマイナスに働かなければいいのだがと心配でもあった。

    そして、さらに数年が経った。時まさにインターネット革命の激動の真っ只中にあった。奇しき縁としか言いようがないが、そのVirtual Worldのビジネスユニットがある会社の経営を担当することになった。これ以外に当時業界のバズワードであった「グループウェア」、「オブジェクト指向」、「Webサービス」といった領域での事業開発にも積極的に取り組んでいる会社であった。私の任務は複雑ではあったが、単純化して言えば複数の事業を再構築をして業績をプラスにすることであった。今思えば公私共に、人生最大の修羅場であったとしか言いようがない。この間の事情は、時効を待って話をつないでいきたいと思っている。

    話を戻すと、Virtual Worldビジネスへの挑戦者たちは、あの生き馬の眼を抜くような競争環境の中で孤軍奮闘していた。この新しい業界においては明らかに先行し、リーダーとして、追い上げられる立場にいた。そしてそのビジネス環境は2~3年の間に大きく変化しており、さらなる変革の波についていけなくなっていた。端的に言えば、恐ろしいまでのスピードで進展するインターネットの技術革新とインフラ整備、そして社会への浸透スピードに追いつかなくなって、技術そのものが急速に陳腐化していた。しかし当事者たちはその変化に気づかない。気づいても、新たなテクノロジ^採用で乗り切るための新たな投資が期待できない状態であった。競争相手は、ベンチャーキャピタルから潤沢な資金を調達して内外の技術革新の波に乗り、ビジネスモデルを変えながら新たな知見を得てさらに変化していく。

    この変化の波に乗れないことは致命的である。この変化は何であったかは別の機会に論じたいが、それは突然やってきた。CompuServeが新興企業AOLに買収されたのである。Virtual World事業は、CompuServeネットワークインフラの上に構築されており同社と一蓮托生の関係でもあった。アカウンティング機能(顧客管理・代金回収・契約など)はCompuServe依存で、事業収入は同社の売上に比例したロイヤリティがすべてであった。

    AOLの買収の結果、何が起きたのか?価格破壊である。Virtual World運営の収入は、会員が毎月支払う会費である。十数ドルから二十数ドルが一般的であった。それが買収後、約40%切り下げられたのである。事業が立ち行かなくなるのは誰の眼にも明らかであった。AOLやWorldCom(CompuServe通信インフラ買収)にとっては何の痛みもない。ビジネスモデルがまったく異なり、企業戦略の実行上のひとつでしかなかった。しかし、他力本願で契約上のリスク管理も怠っていたVirtual World事業は一挙に崩壊の危機に至ったのである。

    その後の顛末についてはここで言及するだけの紙面の余裕がないが、その後のCompuServeそして勝ち組であったAOLとWorldComがたどった興味深い軌跡もふくめて、別の機会に書き留めたい。CompuServeとは、当時から遡ること10年の因縁もある。98年2月、CompuServeのCEO(当時)と一緒にオハイオ州コロンブスにある同社の本社でSteve Case(当時AOLのCEO)とあったときの彼の冷徹な眼の光と時代の動きを見切っているような自信に満ちた話し振りが印象深く残っている。


    長々と書いたが、このVirtual Worldにかかわる話は、その後の経緯を含めて、私の心に強く刻まれている。そのプロジェクトの名前が、タイトルの中にある"WorldsAway"である。そして、このテクノロジ-を使って開発したサービスはDreamScapeなどの名前で呼ばれていたが、原点となるサービスのドメイン名が、worldsaway.comなのである。それが売りに出された!!!(Buy Domains)
    最低価格は688ドル(約7万円)、場合によっては1万ドル以上になるかもしれないとアナウンスされている。

    この記事を別のことが契機で偶然発見した。そして、手の動くままにキーボードをたたき、長々と書くことになってしまった。ショックというのではないが、歴史がいま終わろうとしているという感慨に捕らえられた。

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月11日

    米MITオートIDラボが取り組むRFID普及への課題

    RFIDテクノロジ : 米MITオートIDラボが取り組むRFID普及への課題(最終回-3)

    MITオートIDラボでHRI(ヘルスケアリサーチイニシアティブ)関連の研究に従事する稲葉さんの報告である。筆者は、かつて企業間通信の業界標準化団体ロゼッタネットで働いたことがあり、このときの日本企業の関心の高さと活発な活動から比較すると、Auto ID, EPC, HRIなどでの日本企業の存在感は薄いと嘆いている。日本からの積極的な参加を呼びかけている。この記事のバックナンバーはこちらです。

    ロゼッタネットジャパンの現在の活動については知らないが、本家のRosettaNetは、UCC(Uniform Code Council, Inc.の略)配下の非営利団体として、世界から100社が参加して活動している。

    余談であるが、UCCの業界標準であるUPC(Uniform Product Code)が最初に使われたのがWrigleyチューインガムである。1974年6月26日、米オハイオ州トロイ市にあるMarsh Supermarketで初めてスキャンされたとのこと。1999年に25周年記念式典がスミソニアン博物館で開催された。


    The Wrigley BuildingThe Wrigley Building
    シカゴを代表する建築物のひとつで、ミシガン通りのシカゴ川に面している。1921年竣工。


    投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月09日

    便利なソフトウェア

    WoodenSoldier Software フリーソフト & プログラミングにつぎのソフトウェアがある。簡単にインストールでき、パソコン生活を楽にしてくれるのでおすすめです。ソフトウェア開発者向けの内容もあるが、これは私の能力を超えているので意見はいえない。

    1.Mail Distributer
     同報メールを簡単に管理、送信できます。同報したい仲間の数が多いとき、同報グループが複数あるような場合に便利で、連絡網を効率的に管理できます。マーケッティングにも使えるが、スパム(迷惑メール)を送ることにならないようにすべきである。

    2.ID Manager
     インターネット上で発行される複数のIDとパスワードを管理するソフトウェア。インターネット千勝が長く熟達してくると、数多くのIDとパスワードを記憶し管理するのが大きな悩みになります。これを一括管理してくれる便利なツールです。

    いずれもフリーソフトです。WoodenSoldierさんに感謝!!!人の役に立つソフトウェアを作るという人生のひとつの目標を若くして実現している。その志に拍手を送る。私も見習わないといけない。

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月07日

    「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」

    会議が終わった後、有隣堂に立ち寄る。新刊書のコーナーで目に付いた本の一つが「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」である。

    この本を買うつもりはなかったが、その背景にあるストーリに関心をもった。著者は、ブリタニカ社の営業ウーマンとして世界第二の売り上げを記録し、本社営業部長にもなった。30歳前半で年収3800万円・・・その仕事も卒業し現在はコンサルタントや講演活動に従事している。


    立ち読みで印象に残った著者の言葉がある。

    1.挫折は人を大きくする(大変つらい目にあっている)
    2.自分ではもう歩けないと思ったら、だれかのために一歩でも前進してください。
    3.目の前にあることに向かい合ってください。

    これらの言葉は、実は著者の、亡き母親からのメッセージであり、著者がキャリアウーマンへの道を歩むときの支えになったという。

    投稿者 elmblog : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月06日

    かわいいペンギン

    Vincent FioreさんのHPでユーモラスな画像をみたので紹介する。
    つい笑ってしまいます。

    投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月03日

    スパムが増える理由

    「スパム(迷惑メール)は増える一方だ。すべてのインターネット・メールに対するスパムの割合は,2001年は8%だったが,2004年には65%になった。それというのも,スパム送信業者が大もうけをしているためだ」――。米Symantecのネットワーク&ゲートウェイセキュリティソリューション担当上級副社長のEnrique Salem氏……>>「スパム送信業者はもうかる,だからスパムは増える」

    単純明快である。スパム業者は一社で一日2億件送信しているという。数打てば当たる論理の商売で、ソフトウェアで作り出したメールアドレスの0.001%が当たれば利益が出るという。実に迷惑な話である。
    このサイトもスパム(迷惑書き込み)に悩まされた。数日で数百件の書き込みがあった。とりあえず、コメントを出来ないように設定し、さらにトラックバックやピンの機能も使えないようにした。目障りなコメント数百件も削除した。しかし、これではブログの良さがなくなる。まるで、バーチャルワールドに住む透明人間みたいなものである。

    原因究明に努力しているが、素人ゆえに手探りの試行錯誤である。そのなかで疑わしき不審なファイルを二つ見つけた。過去の記事を格納しているArchivesディレクトリにそれはあった。FTPでは読めなかったのでサーバサイドで読めるようにして中身をみると、webreference.comから送り込まれたJavascriptで、なにやらcookiesを読み書きしているようである。いづれにしろJava言語能力のない私には手に負えない。ここは「疑わしきは罰すべき」との決断で、システムが動かなくなることも覚悟して削除した。

    ……恐る恐る再度立ち上げた。何とか動いた。ほっとした。これが原因だったかどうかは分からないが、こんなファイルが書き込まれるはずはないので関係していたことは確かであろう。ただ、なぜどうして書き込まれたのか今もって分からない。元エンジニア、元研究者の血が騒いで困る!? といいながらたのしんでいる(笑)

    投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック

    2004年12月01日

    経済発展と世界遺産の保護は両立するか

    Xoops Bloggers - ニュース
    神聖ローマ帝国を象徴するケルン大聖堂は650年もの長きをかけて建設された。いま、そのライン川対岸に高さ103メートルの構想ビルが建設されている。経済発展を促進することを理由に、さらに数本の高層ビル建設の計画がある。第二次世界大戦の戦火をくぐって生き抜いてきたケルン大聖堂の土地景観を変えようとしている。

    経済発展は、現在生きている人類の贅沢のためにある。このために、過去から未来の人類に残された遺産を壊していいのか?

    世界遺産は何千年もの時の流れの中で人類が生み出してきた。現在生きている人類が壊すことは許されない。この20世紀ほど多くの世界遺産を壊した時代はない。その意味では、われわれ現代人はもっとも野蛮であると言わねばならない。


    ケルン大聖堂
    正式名称は、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂。


    1248年に建設がはじまったが一度途絶し、正面ファサードの塔がひとつしかない状態が続いた。近世のゴシック・リヴァイヴァルによってケルン大聖堂に注目が集まり、もうひとつの塔が建造された。1880年、完成。600年以上建設にかかった。世界で最も長い時間をかけて建造された建物のひとつであろう。

    1996年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

    2004年、周辺の新建築物による景観破壊の危機にさらされ、危機遺産に指定された。

    投稿者 eureka : 投稿記事 | コメント (0) | トラックバック